睡眠時無呼吸症候群
  • N・Kさん(広島県広島市:男性)

    2013年03月01日 カテゴリー:咬合治療

    タグ:

    Q1:主なお悩みの症状はなんですか? 睡眠時無呼吸症候群 Q2:「Q1」の症状が原因で、仕事や生活にどのような悪影響がありましたか? 学生の頃はテスト前に勉強したくても、すぐねむくなってしまって、できなかった。 朝から頭が痛くて、仕事中はイライラして小さな事でもよく人に当たったり、怒ったりしていた。 夜中、寝ないといけないのに、眠れなかった。 車の運転中、車から降りたあとの疲労はひどかった。 夜中、アゴが痛かった。 Q3:今までにどのような治療を受けましたか?その効果は? 10年前ぐらいに歯医者でアゴが痛いのと、しゃべるのがもつれるということでマウスピースを付けた。でもいまだに何の治療だったか分からない。 2年前に睡眠時無呼吸症候群だと気付き、C-PAPを寝る前に付けたが、夜中2,3回起きたら、口のマスクを外して、十分な睡眠が取れなかった。 Q4:バイオプレート治療を受けてみようと思った決め手はなんですか? はじめは10年前のマウスピースの事があり、使用には疑問があったが、CPAPであまりにも寝れず、仕事にも影響、他人にも迷惑をかけていたので、もうこれしかないと思った。 Q5...

    続きを読む

  • M・Tさん (東京都江東区:男性)

    2012年05月28日 カテゴリー:咬合治療

    タグ:

    実は5~6年前の事ですが、寝つきも悪く、昼間には睡魔に襲われるし、入眠には難が在るし、365日×24/h 全身の倦怠感とアクビの連続で、第三者からは「不謹慎な人間だ」と思われるのは、本業にも集中心薄く困り果て、某大学病院呼吸器内科で受検の結果、1時間に53回(確か最長は30分を超えていたようだったと思います)の無呼吸が出現して、睡眠時無呼吸症候群との診断で、C-PAP療法治療が開始されました。 その後、昨年末までは20回を切ったことが無かったのですが、貴院でプレートを装着以来、本年2月22日には20回を切り、同3月15日には10回を切り主治医からは「なんだ、この値は?」と罵られたのでした。 本来ならば当方も「何だとはなんだ」と食って掛かる処でしょうが“今に見ておれ、”と我慢したのです。 続いて同4月19日には、2.8回と告げられました。 そして主治医は相変わらず「もう少し経過を診よう」との事で、今月17日(火)の予約を楽しみにしています。 かかるような経過でして、貴院にお世話になった幸せを感じています。 自分では快癒に向けた自覚症状は在りませんが、頻尿で一夜に数回も用便に行きま...

    続きを読む

  • M・Tさん(東京都江東区:男性:77歳)

    2011年12月21日 カテゴリー:咬合治療

    タグ:

    「睡眠時無呼吸症候群」についての体験談を送らせていただきます。 症状の診断を初めて受けましたのは、平成17年8月17日です。 某大学病院での事です。1時間に53回の呼吸停止でした。 最も長い停止は30分前後あると伝えられた記憶があります。 思えば昭和30年頃から在りました。 日中に耐え難い睡魔に襲われるし、上司から何か指示を受けたり注意されているのにウトッとして倒れそうになったり、複数の人と一緒に講話を聞きかけるとイビキをかいて眠ってしまうと言う事が度々起こり、こっぴどく叱られる事が多発でしたので、この頃からの症状と思います。 大学病院からの移送で現在受診しています病院に移った時のデーター【平成20年5月19日現在】では 1日に無呼吸平均持続時間が   25.8分  上記の回数が          13.8回  貴院でバイオプレート方式で受診を効果がてき面  1日に無呼吸平均持続時間が    1.1分  1時間における平均回数が     1.8回  と改善しています。 此の値は同年9月19日から11月23日までの66日に亘る平均ですから、上西理事長に此の体験談をご覧...

    続きを読む