坐骨神経痛
  • A・Sさん(神奈川県厚木市:女性)

    2011年10月05日 カテゴリー:咬合治療

    タグ:

    5年前に背骨を圧迫骨折していました。 9ヶ月前からこの症状が出始めました。 首と肩のこりがひどく、首はまっすぐ向けなかった。 意識してまっすぐにしても、右上の方にねじれる感じだった。 座骨神経痛と、手足のしびれもあり、仕事もできなくなり、座っているのも辛くて、寝たきりになってしまいました。 使い始めてすぐに座骨神経痛と手足のしびれがとれ、かたのこりもだんだんとなくなっていった。 首のねじれは少し時間がかかったけど、今は長時間は無理だが、座っていられるようにもなったし、首が思い通りに動かせるようにもなった。 不眠症にもなりかけたが、プレートを使い始めてからは、寝つきがよくなり、目ざめも良くなって、毎日ぐっすりと眠れます。そのおかげか、肌が以前よりきれいになりました。 便秘も以前より解消されたし、イライラも減り、精神的にも明るく前向きに活動的になりました。 知り合いには1ヶ月ぶりに会ったら、なんかスッキリしたねと言われました。 顔が一回り小さくなった気もします。 プレートをつけて、こんなに色々と改善するなら、もっと早くに知っていれば良かったと思いました。 本当に感謝しています。...

    続きを読む

  • H・Yさん(山梨県北杜市:男性)

    2011年05月07日 カテゴリー:咬合治療

    タグ:

    【Q1】初診時の主な悩みの症状はなんですか? (1)歩く度に左尻から下に掛けてシビレ。歩く姿はビッコを引く (2)ひどい左尻の坐骨神経痛。 【Q2】バイオプレート治療後、Q1の症状に対して、どのような効果がありましたか?  「歩く度に左尻から下に掛けてのシビレ」はバイオ治療して暫く少し効果が有るような感じがした。その後、バイオ2回の診察後、腰椎周辺のツボに指圧機で圧迫したらシビレが嘘のように無くなった。    しばらくして又、シビレを感ずるようになり、その時は体が右に傾いていた。姿勢を正しくするために、肩を動かし、姿勢が真直ぐなるよう腰に手を当て腰を右に押し曲げ姿勢を正し、体を前に曲げる。(体の曲げ方は両手を内側に寄せ、頭を前に曲げ、「へそ」を見る様にして体を90度曲げる。)そうするとシビレが出なくなり半日位シビレが出なくなった。  この繰り返しで暫くすると、だんだん長くシビレが出なくなり、1日に1回位になり、現在はシビレが何日も出ない、体が右に曲がらないようになった。  「ひどい左尻の坐骨神経痛。」も同じ指圧でうそのように神経痛がなくなった。以前もこの様なことをしても暫く...

    続きを読む

  • R・Nさん(栃木県日光市:女性)

    カテゴリー:咬合治療

    タグ:

     以前より座骨神経痛や、腰痛、肩こり等で悩まされる日々の生活を送っていました。  特に座骨神経痛は、天気や湿気など気温の変化により、痛みは頂点に達してしまう恐ろしい病ですが、かかった人でなければ、この痛みは、わかっていただけないので、誰に話しても、フーンと聞き流されるだけでした。  そんな時、インターネットでバイオプレートを知り、私の目はその文章にくぎづけになりました。しかし、半信半疑で、しかも座骨神経痛の治療に歯がどう関係するのかと信じられない気持ちと、神にすがる思いとで説明会への参加を申し込みました。  上西先生の説明を聞けば聞くほど納得しました。あまりにも話がじょうずということもありました(笑)  バイオプレート治療を始め、1ヶ月~1ヶ月半位たったころ、フット気づくといつも痛むか所が痛くないのに気づきました。また冬に何かっている時でこんなことって、本当かな~、と治療を始めてもまだ信じられませんでした。  しかし、治療を始めた以上、装着の時間や決め事は守り、散歩やウォーキング時も心掛けてつけました。今度の冬(昨年12月~3月)は座骨神経痛はほとんど痛むことなく、夜寝られない...

    続きを読む

  • Y・Nさん(東京都江戸川区:女性)

    カテゴリー:咬合治療

    タグ:

     以前より、坐骨神経痛・腰痛・ひざの痛みに悩まされ、整体にもずいぶんかかりました。その場の痛みは改善されるものの、再び痛み出しなかなか治りませんでした。  そこで、どこかいい病院か治療方法はないものかとインターネットで探しているときにバイオプレートを知りました。  すぐにメールで症状を相談したところ説明会があることを教えて頂き、すぐに申し込みました。  そして、バイオプレートを装着して今、5カ月目になります。装着して1ヶ月半ほどで坐骨神経痛は感じられなくなりました。仕事が子ども相手なので、腰痛はまだありますが…  今年の春、驚きが!!  それは、もう25年間も毎年苦しんでいた花粉症の症状が全くなかったのです。とても快適な生活でした。  坐骨神経痛がきっかけで花粉症も治っていたのです。本当に感謝です。  私の顎のズレはとてもひどいです。バイオプレートを装着していない時間が長くなってしまうと顎の痛みが出てくるようになりました。  そのため、今度は食事用のプレートを作ることにしました。  これから自分の体がどんな風に変化していくのかが楽しみです。 ...

    続きを読む

  • H・Hさん(神奈川県藤沢市:男性)

    カテゴリー:咬合治療

    タグ:

    定年1~2年前から腰の痛みには気がついていましたが、ただの腰痛だろう位に思っていました。定年後、掃除の会社に再就職しましたが約1年後、左でん部から左足後位部に痛みがでて、歩けないような状態になりました。 腰からふとももの後ろにかけ、締め上げるような痛みで立ち上がるのでさえつらい状態になりましたが、横になっていれば、その痛みは感じず天井を見上げて、寝ているしかない状態でした。この先どうなるんだろうと不安ばかりでした。 たまたま、その2~3ヶ月前にインターネットでバイオプレート治療を知りましたが、対症療法ではなく、根本治療ということで興味を持ち、説明会にも参加し、治療を始める段取りもできており、発症とバイオ治療開始とのタイミングが偶然一致したことは幸いでした。 仕事の方は残念ながらも辞め、治療に専念することにしました。プレートを使った翌日には“この坐骨神経痛は治る”と実感できたことはおどろきでした。 バイオ治療の前には整形外科、整体と通いましたが効果がなく、特に整形外科の治療は疑問に思うことが多々ありました。...

    続きを読む