月別アーカイブ:2011年12月

  • N・Kさん(東京都町田市:男性:70歳)

    2011年12月23日 カテゴリー:咬合治療

    タグ:

    今年3月、70才の古希を迎えましたが、50才の時、銀行員を卒業し、第2の職場に勤めておりますが、丁度20年位不眠症となり心療内科で睡眠誘導剤、睡眠薬の薬漬けの生活となり、薬を飲んでも飲んでも充分眠れず、昼間もボーっとして昼食後居眠りをする事態にもなりました。 不眠は手先の痺れや腰痛、耳鳴り等の症状も引き起し、PSA数値は1.6程度で低いのですが、尿の出が悪く都度医者にかかりますが、大体「加齢」ですで片付けられていました。 数年前にnetでバイオクリニックのことは知っていまして、上西理事長様の説明会も予約したこともありましたが、その時は都合が悪くなり、そのままになっていました。 上記状況が続き、まさに藁にすがる想いで9月10日の説明会に参加しました。 治療開始後、睡眠誘導剤はまだ続けていますが、バイオプレートを付け始めの初日からぐっすり眠れるようになりました。 「ぐっすり眠る」ということはこういうことかと若い頃の状態を取り戻した感じがしています。   昼も全く眠気がを感じず、仕事もどんどん捗り、休日もゴルフ、美術館巡り等充実した日々を送っています。 手先の痺れもなくなりました。ただ...

    続きを読む

  • M・Tさん(東京都江東区:男性:77歳)

    2011年12月21日 カテゴリー:咬合治療

    タグ:

    「睡眠時無呼吸症候群」についての体験談を送らせていただきます。 症状の診断を初めて受けましたのは、平成17年8月17日です。 某大学病院での事です。1時間に53回の呼吸停止でした。 最も長い停止は30分前後あると伝えられた記憶があります。 思えば昭和30年頃から在りました。 日中に耐え難い睡魔に襲われるし、上司から何か指示を受けたり注意されているのにウトッとして倒れそうになったり、複数の人と一緒に講話を聞きかけるとイビキをかいて眠ってしまうと言う事が度々起こり、こっぴどく叱られる事が多発でしたので、この頃からの症状と思います。 大学病院からの移送で現在受診しています病院に移った時のデーター【平成20年5月19日現在】では 1日に無呼吸平均持続時間が   25.8分  上記の回数が          13.8回  貴院でバイオプレート方式で受診を効果がてき面  1日に無呼吸平均持続時間が    1.1分  1時間における平均回数が     1.8回  と改善しています。 此の値は同年9月19日から11月23日までの66日に亘る平均ですから、上西理事長に此の体験談をご覧...

    続きを読む